FEATURES

エスプレッソを使ったコーヒーレシピでおうちカフェを楽しもう

エスプレッソを使ったコーヒーレシピでおうちカフェを楽しもう


温かい飲み物がおいしい、おうちカフェを楽しむ季節の到来です! おしゃれなカフェでいただくような、エスプレッソコーヒーのアレンジレシピをご紹介します。

ガスコンロで使えるタイプのエスプレッソメーカーは、手頃な値段で購入できます。イタリアのカフェで出てくるようなおしゃれなメニューに挑戦してみましょう。おうちカフェのバリエーションが広がりますよ。

正しいカプチーノのバランスとは?

日本のカフェでもすっかりおなじみとなったカプチーノ。ふだん何気なく飲んでいるかもしれませんが、エスプレッソ、スチームミルク、泡立てミルクが1:1:1になるのが、正しいカプチーノのレシピです。おうちカフェでカプチーノを作る場合は、このバランスを意識すると本場の味わいになります。

カプチーノにはシナモンをふりかけることが多いようですが、実は本場イタリアでは、カプチーノといえばココアをかけるのが定番。カカオの甘い香りと、華やかなエスプレッソの香りが織りなすハーモニーを楽しめます。

砂糖を入れるなら、ミルクの泡をかきわけて、エスプレッソとミルクの混ざった部分に入れてそっとかき混ぜます。最後まで泡を消さないように飲むことで、保温性を高める効果もあるようですよ。

ガスコンロで使えるエスプレッソメーカー

ガスコンロにかけて直火で使うタイプのエスプレッソメーカーのことを、カフェティエラモカなどと呼びます。見慣れない機器ですが、使い方さえ覚えれば簡単にエスプレッソを淹れられます。エスプレッソマシンを買うより手頃なので、おうちカフェ用に購入するのもおすすめです。

エスプレッソメーカーの使い方

ガス式コーヒーメーカーは、を入れる部分、コーヒー豆を入れるフィルター、抽出したコーヒーがたまる部分の3つに分かれています。

水を側面についているボタンのあたりまで入れたら、フィルターをセットしてコーヒー豆を入れます。その後、上の部分をかぶせてギュッと回し締めて弱火にかけ、ポコポコと乾いた音がしたら、3秒ほどで火を止めます。

水を入れる部分は密閉されるため、火にかけると空気が膨張して軽く圧力がかかる仕組みになっています。沸騰した水は行き場を失い、フィルターの管を通って上へと上がっていきます。

このとき、コーヒー豆を通ることで、エスプレッソができあがるというわけです。沸かしすぎると、コーヒーの香りが飛んでしまうので注意しましょう。

お手入れの仕方

洗うときは絶対に洗剤を使わず、水洗いをするのがイタリア流。コーヒーの香りを洗剤のにおいで損なわないための知恵です。

3つに分解して、流水の下でていねいに洗います。数回に一度は、上の部分についているゴムのパッキンを外し、中の部分も水洗いしましょう。

豆の選び方と挽き加減

エスプレッソを淹れるときのコーヒー豆の種類は、基本的にはどんなものでもOK。ただし、エスプレッソ用に深煎りしてあることが重要です。焙煎のタイプとしては、イタリアンローストと呼ばれることもあります。

挽き方は極細挽きです。まるでパウダーのような細かさにまで挽いておくことで、短い時間でもコーヒー豆の個性を十分に引き出すことができるのです。

エスプレッソのバリエーション

エスプレッソには、さまざまなバリエーションがあります。スチームミルクを、白いシミのようにエスプレッソに垂らしたものは、カッフェ・マッキアート。マッキアートは、イタリア語で「シミのついた」という意味です。

また、アツアツのエスプレッソにリキュールやブランデーを入れるカッフェ・コレットは、身体が温まるだけでなく、香りもぱっと華やかになります。食後のコーヒーとしてもぴったりです。

イタリア料理店やカフェで出てくるようなデザート、カッフェ・アッフォガートは、バニラ味のアイスクリームに、淹れたてのエスプレッソをかけるだけです。本格派なのに、おうちで簡単にカフェ気分を味わえます。エスプレッソシレピは簡単でおしゃれな仕上がりでおうちカフェに最適ですね。

香り高いエスプレッソでくつろぎの時間を

コーヒーを淹れているときにお部屋に広がる香りに、リラックスした気持ちになる方も多いでしょう。コーヒーの香りには心を落ち着かせるアロマの効果もあります。

おうちカフェで淹れる香り高いエスプレッソを使って、いろいろなコーヒーレシピを楽しんでみてくださいね。上質なくつろぎの時間を過ごせるでしょう。

 

参考: